最終更新 2021.10.26

求人数3638

保育士の転職情報まとめ

  • 保育士転職
  • 保育補助
  • 保育士資格について

未経験から保育士ってなれる?保育士転職に有利な「保育補助」について知り、効率的に保育士への転職を進めよう!

 

「未経験だけど、保育士への転職を成功させられるか不安…」

「そもそも未経験から保育士への転職ってできるの?」

 

本サイト「保育のすすめ」をご覧の方で、保育士への転職についてこのような不安を抱えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

「保育のすすめ」では保育士への転職求人や、転職に役立つ様々なコラムを多数掲載しておりますが、特に保育士未経験の方が保育士への転職を成功するためのお役立ち情報を発信しています!

これから独学で保育士への転職を進めていきたいという方や、未経験から保育士への転職を成功させたいという方は、ぜひ本サイトに掲載されているお役立ちコラムを参考にしながら、転職活動を進めていただければと思います。

 

これまでも様々なコラムを多数ご紹介してきましたが、今回のコラムでは

・実際に未経験から保育士への転職ができるのか

・未経験から保育士への転職活動を行う際に、事前に知っておくべきこと

の2点について、重点的に解説していきたいと思います。

 

「今の仕事から転職を考えていて、昔から保育士として働くことに憧れていた。」

「一般企業に入社したけど、保育士として働きたいという気持ちが強くなってきた。」

という方は、ぜひ今回のコラムを参考に、未経験から保育士への転職を行うことについて学んでいただければと思います。

 

保育士転職について、右も左もわからないという方にはまさに参考になる内容ですので、よろしければ最後までご覧いただければと思います。

では早速、未経験から保育士への転職を考えている方に向けた、未経験からの保育士転職のポイントについて解説していきます。

 

目次

1. 保育士って未経験からでも転職できる?
2. 保育士未経験の方は、保育補助という働き方も視野に入れておこう
3. おわりに

 

 

1. 保育士って未経験からでも転職できる?

 

ではまず、本サイトをご覧になっている保育士未経験の方が気になっているであろう、未経験から保育士への転職はできるのかという点について解説していきます。

結論から申し上げると、未経験から保育士への転職を行うことは「可能」です!

このコラムをご覧の保育士未経験の方は安心してください。

未経験でも保育士への転職を成功させることは可能です。

また「保育士資格」という国家試験に合格して保育士専門の資格を取得する必要がありますが、基本的にはしっかりと勉強をして履歴書や面接などをしっかりとこなせば、基本的には保育士になることができると思ってもらっても問題ないかと思います。

たまに、

「みんながみんな未経験から保育士への転職ができるわけではないでしょ?」

「保育士として働くうえで、特別なスキルが必要なんじゃないの?」

そう言われる方もいらっしゃいますが、保育士は特別なスキルはなくとも転職を行うことができます。
(もちろん向き不向きはありますが…)

 

ニュースなどでもよく聞くと思いますが、待機児童(保育園や幼稚園に預けることができない子ども)が増加しており、それに伴い保育士のニーズも増えているのが現状です。

もちろん保育園の数や幼稚園の数も待機児童の原因ではありますが、預かる側の人的リソース(保育士)の数が圧倒的に不足しているというのも、待機児童の1つの要員です。

ですので、保育園としても新たな保育士を雇いたいというニーズもあり、保育士が足りていない状態だからこそ、未経験からでも保育士への転職を成功させることができるのです。

 

未経験から保育士への転職をしたいと思っている方は、「未経験でも保育士になれる!」ということは頭に入れて、保育士への転職活動をスタートさせましょう!

 

 

2. 保育士未経験の方は、保育補助という働き方も視野に入れておこう

 

保育士未経験でも保育士への転職ができると分かったところで、次に「保育補助」という働き方について解説していきたいと思います。

保育士未経験の方が効率よく保育士への転職活動を進めるためには、この保育補助という働き方を知っておいた方が良いと思います。

 

 

「保育補助」とは、その名前の通り保育業務のサポートがメインの働き方です。

先ほどもちらっと説明しましたが、通常であれば保育士として働く際には「保育士資格」ち国家資格を取得する必要があります。

保育士資格を取得する際には、筆記試験と実技試験を合格することで、資格を取得することができます。

この国家試験に合格することで資格を取得することができ、その後就職・転職活動を行い、採用されれば晴れて「保育士」として働くことができるのです。

今回は保育士資格の詳細については割愛させていただきますが、保育士資格の取得方法や実際の試験について知りたいと思っている方は、以下のコラムが参考になると思うのでご覧いただければと思います。

 

保育士に転職するためには資格が必要!保育士資格の詳細について詳しく解説!

 

【保育士転職】過去の傾向を知って、保育士資格を効率的に取得しよう!保育士資格試験の傾向と対策について

 

今回ご紹介する「保育補助」という働き方では、上記で説明した保育士資格を取得する必要がなく、保育士資格がない状態で保育園で働くことが可能なのです。

独学で保育士への転職を成功させたい方や、未経験から保育士を目指したいという方は、ぜひこの「保育補助」という働き方も考えていただきたいです。

 

保育補助として働くことでどんなメリットがあるのかを、簡単にご説明します。

 

保育補助として働く際のメリット

 

メリット① 保育士資格がなくても、保育園で働くことが可能

メリット② シフト制が多いため、比較的自由に自分の時間を作ることができ、転職活動と並行しながら行える

メリット③ 担任をもつことがないため、責任のある仕事を任されることがない

 

メリット① 保育士資格がなくても、保育園で働くことが可能

 

まず1つ目のメリットは先ほども説明した通り、保育士資格をもっていなくても保育園では働くことができる点です。

将来的に保育士として働きたいと思っている方は、未経験から働く際に実務経験がなくて不安に感じている方もいらっしゃると思います。

もちろん実務経験がなくても、保育士未経験から保育士への転職を成功することはできますが、自分の今後のキャリアのためにも保育園で働き「現場を知る」ということは非常に重要です。

 

保育士資格はなくても保育園で働くことができ、加えて給料もいただけるというのは、未経験から保育士を目指す方にとっては非常に大きなメリットの1つではないでしょうか。

 

メリット② シフト制が多いため、比較的自由に自分の時間を作ることができ、転職活動と並行しながら行える

 

次のメリットは保育補助は自由度が高いということ。

デメリットとして捉える方もいらっしゃるかもしれませんが、保育補助という仕事は基本的にはアルバイトやパートといった雇用形態が多いです。

そのためシフト制であり、比較的自分の裁量で自分のシフトを決めることができるでしょう。

 

・パートやアルバイトのため給与が安定しない

・正社員ではないため、福利厚生などの恩恵を受けることができない

など、雇用形態からデメリットと受け取る方も多いかもしれませんが、保育士への転職を考えるにあたって自由な時間を確保できるというのは、非常に大きなメリットの1つでしょう。

 

保育補助として働くうえでの給与について気になる方は、こちらのコラムもご覧ください!

【2021年最新版】保育補助は無資格でも働ける?気になる給与について徹底解説!

 

通常の保育士のお金の事情についても気になると思うので、こちらのコラムから確認してください!

未経験から保育士へ!まずは保育士の給与と待遇について知ろう!

【保育士転職】保育士の給与ってあがる?未経験から保育士への転職を目指す方は、保育士のキャリアについて知っておこう

 

転職活動をしたことがある方であればわかると思いますが、転職活動には思っているよりも時間と労力がかかります。

今の仕事を続けたまま、長い時間保育士への転職活動を行うというのも1つの手段ではありますが、保育士として働きたいという思いが強いのであれば、現在の仕事はやめてしまい、短い時間で保育補助として働きながら保育士への転職を目指すというのも1つ効率的な手段だと思います。

未経験から保育士への転職を少しでも早く成功させたいと思っている方や、保育園という現場の空気を体感しながら保育士への転職活動を行いたいという方は、自由な時間を確保できるという点でも、保育補助という働き方を考えてみても良いでしょう。

 

メリット③ 担任をもつことがないため、責任のある仕事を任されることがない

 

最後のメリットは、保育園において担任をもつことがないということ。

正社員の保育士であれば、何年か働いた段階で担任をもつことが一般的です。

保育補助であれば担任をもつ可能性は基本的にはないため、仕事に大きな責任がついてまわりません。(もちろん全ての業務は責任感をもって行いましょう!)

転職活動に集中したいと思っている方にとっては、現場の空気を知りつつストレスもなく働けるという環境なので、保育補助という働き方は非常に良いと思います。

 

保育士として働く際のクラス担任については、こちらのコラムを参考にしてみてください。

しっかりと保育士資格を取得して、正社員の保育士として働く際はいつかは担任を任されることになるので覚悟しておきましょう。

【保育士転職】担任になるとどうなる?保育士の担任事情について解説

 

また大きな責任がつかないということは、いつでも辞めることができるということです。

もちろん保育園にも迷惑がかかるため、入っては辞めるといったことは控えてほしいですが、保育園に限らずどこの環境で働いても人間関係があまり上手くいかないという場面もあるかと思います。

そんな時に正社員であれば簡単にやめることは難しいかもしれませんが、アルバイトやパートである保育補助であればやめることも1つの選択肢として検討しても良いでしょう。

 

また人間関係が悪いとかではなく、色々な保育園を経験したいという理由で前向きに職場を変えてみることも、色々な保育園を知ることができて勉強になるかもしれませんね。

 

この3つが保育補助として働く大きなメリットです。

今の仕事をやめてアルバイトやパートとして働く必要があるというデメリットはあるものの、未経験から保育士への転職を目指す際に「保育補助」は非常におすすめの働き方の1つです。

保育園で働きながら正社員の保育士を目指したいという方や、未経験から最速で保育士に転職したいという方には特におすすめです!

また保育補助として働くことで保育園での実務経験がつくため、何も経験がない方よりも転職活動を有利に進めることができるでしょう。

未経験から保育士を目指す際は、この保育補助という選択肢も1つ考えてみてはいかがでしょうか?

 

4. おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

今回は未経験から保育士への転職を行うことができるのか、保育士転職を有利に進めることができる「保育補助」という働き方についてご紹介しました。

これから保育士を目指す方は、ぜひ本コラムを役立てて保育士への転職活動を進めていただければと思います。

 

未経験から保育士への転職を目指したいと思っているけど、何から始めて良いか分からない…という方はまずはこちらのコラムから読み始めていきましょう。

こちらのコラムでは独学や未経験から保育士への転職を目指す方に向けて、保育士転職の基礎から実践的な内容まで網羅的に学習することができます。

ぜひこのコラムから、みなさんの保育士転職を効率的に進めていきましょう!

未経験から保育士ってなれる?保育士未経験から保育士への、効率的な転職活動のやり方教えます!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本サイト保育のすすめでは、みなさんの転職活動が成功するよう応援しています!