最終更新 2021.10.26

求人数3638

保育士面接

  • 保育士転職
  • 面接
  • 転職
  • 責任感
  • 長所

保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際のポイント

長所で「責任感の強さ」をアピールしたいけど…。うまく言えそうにない。
どうすれば伝わるの?

このような疑問にお答えします。

この記事では、転職を考えている保育士に向けて「長所で責任感が強いと答える際のポイント」をご紹介していきます。記事の後半では「長所で責任感が強いと答える際に心がけること」もご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、長所を履歴著に書く際のポイントについては「保育士向けに長所の書き方を紹介しているサイト」をご覧ください。

 

【目次】
保育士の面接!長所では「責任感がある」と「責任感が強い」どっちがいい?
保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際は具体的に言いましょう
保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際のポイント4つ
【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際のポイント1】きっかけを話す
【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際のポイント2】責任感の強さがわかるエピソードを加える
【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際のポイント3】結論から言う
【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際のポイント4】活かし方を伝える
保育士の面接!長所で責任感が強いと答える人は「弱み」を自覚しておきましょう
【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える人が自覚しておくこと1】他人に厳しく接してしまいがち
【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える人が自覚しておくこと2】頼まれごとを断れない
【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える人が自覚しておくこと3】小さなミスでも落ち込みやすい
保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際に心がけること3つ
【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際に心がけること1】語尾までしっかりと話すこと
【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際に心がけること2】表情を明るくすること
【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際に心がけること3】丁寧な言葉を遣うこと
まとめ

 

 

保育士の面接!長所では「責任感がある」と「責任感が強い」どっちがいい?

保育士の面接!長所では「責任感がある」と「責任感が強い」どっちがいい?

「責任感がある」と「責任感が強い」は同じ意味になりますが、少しだけ印象が異なります。では、どちらの言い方をすればいいのか?結論を言うと、どちらでも構いません。一般的に「責任感がある人」は「頼りになる人」というイメージ。一方「責任感が強い人」は「真面目だけど、堅物で厳しい」というイメージを与えます。しかし、これはあくまで一般論です。結局は、本人の「人柄」や「雰囲気」によります。それに、保育士という仕事では責任感が強いくらいのほうが「真面目で頼りになりそう!」という印象を与えられます。ですので、責任感をアピールする際は「責任感がある」「責任感が強い」のどちらで答えても構いません。なお「保育士面接での自己PR方法を紹介しているサイト」や「保育士の自己PRの書き方を紹介しているサイト」では、責任感が強いで例文を作成しておりますよ。

 

 

保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際は具体的に言いましょう

保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際は具体的に言いましょう

保育士は子供たちを預かり、健康に育つようにサポートする仕事。責任感の強さが求められます。そのため、長所で「責任感が強い」と答えることは、非常に有効なアピールです。しかし、ひと口に責任感が強いといっても「仕事を最後までやり抜く」「自己管理ができている」「自分の言葉に責任を持つ」など受け取り方は様々になります。ですから、単に「責任感が強い」と答えるだけではいけません。長所で責任感が強いと答える際は具体的に言いましょう。なお「保育士面接で使える自己PRの作成方法を紹介しているサイト」に責任感が強いと答える際の例文が載っております。ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

 

保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際のポイント4つ

保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際のポイント4つ

ここからは、長所で責任感が強いと答える際のポイントを4つご紹介します。長所で責任感が強いと答える際と答える際は、以下のポイントに気をつけましょう。なお、短所を答える際のポイントについて知りたい方は「保育士面接の長所と短所で好印象をゲット!上手な回答例を紹介します」をご覧ください。

 

【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際のポイント1】きっかけを話す

長所で責任感が強いと答える際のポイント1つ目は『きっかけを話す』です。責任感が強いというのは、なかなか上手くアピールできません。なぜなら、いくら熱い想いで「私の長所は責任感が強いことです!」と言われても、簡単に信じることができないからです。では、どうすればいいのか?効果的に責任感の強さを伝える方法は「きっかけを話すこと」です。「どうしてそういう責任感が身についたのか」というきっかけを話すことで、あなたの話に「真実味」が出ます。ですので、長所で責任感が強いと答える際は「責任感が強くなったきっかけ」を話しましょう。

 

【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際のポイント2】責任感の強さがわかるエピソードを加える

長所で責任感が強いと答える際のポイント2つ目は『責任感の強さがわかるエピソードを話す』です。上記のきっかけに加えて「責任感の強さがわかるエピソード」を話してください。エピソードを加えることで「あなたの人物像」がより伝わり、責任感の強さに信憑性が増します。ですので、長所で責任感が強いと答える際は「責任感の強さがわかるエピソード」を必ず話すようにしてください。保育士向けに「保育士の面接における長所の答え方を紹介しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。

 

【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際のポイント3】結論から言う

長所で責任感が強いと答える際のポイント3つ目は『結論から言う』です。結論ファーストは物事をわかりやすく伝えるための技法。結論から先に話すことで論理的に要点を伝えることができます。ですので、長所で責任感が強いと答える際は「私の長所は責任感が強いことです!」と結論から言いましょう。保育士の面接における長所の答え方を紹介しているサイトでも、同様のことを言っております。

 

【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際のポイント4】活かし方を伝える

長所で責任感が強いと答える際のポイント4つ目は『活かし方を伝える』です。いくら責任感が強くても、本人が「保育士の仕事にどうやって活かすのか」を理解していないとアピールになりません。面接では、単に「責任感が強い」と答えるだけではいけないのです。保育士面接の長所で「責任感が強い」と答える際は、その性格が「保育士の仕事のどういった面で活かせるのか」までしっかりと伝えましょう。保育士が自己PRを考える際のポイントを紹介しているサイトでも、同様のことを言っております。

 

 

保育士の面接!長所で責任感が強いと答える人は「弱み」を自覚しておきましょう

保育士の面接!長所で責任感が強いと答える人は「弱み」を自覚しておきましょう

責任感の強い保育士は、保護者や同僚から高い評価を得ることができます。しかし、責任感が強すぎると危険です。それが弱みになってしまうかもしれません。ですので、責任感の強い方は、下記の弱みがあることを自覚しておきましょう。なお、下記の弱みは責任感が強い人の短所になります。ですので、短所を聞かれたときに「長所の裏返し」として答えてもいいでしょう。

 

【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える人が自覚しておくこと1】他人に厳しく接してしまいがち

長所で責任感が強いと答える人が自覚しておくこと1つ目は『他人に厳しく接してしまいがち』です。責任感が強いと、他人に求めることも多くなってしまいます。そのため、つい他人に厳しく接してしまうことがあるのです。保育士の仕事は同僚と協力して進めていくこともありますので、他人に厳しすぎると嫌われる可能性があります。ですので、責任感が強い方は、他人に厳しくしすぎないように注意しましょう。

 

【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える人が自覚しておくこと2】頼まれごとを断れない

長所で責任感が強いと答える人が自覚しておくこと2つ目は『頼まれごとを断れない』です。責任感が強いと、どのようなことでも自分が対処しなければいけないと思いがち。そのため、頼まれごとに対してNOと言えないことが多くなります。頼まれごとを引き受けることはいいことですが、度が過ぎると「業務過多」になり、精神的に病んでしまうかもしれません。ですので、責任感が強い方は「自分は頼まれごとを断れない性格」だということを自覚し、引き受け過ぎないようにしましょう。なお「保育士面接で使える長所のポイントを紹介しているサイト」では、頼まれごとを断れない性格を盛り込みつつ、責任感の強さをアピールしていますよ。

 

【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える人が自覚しておくこと3】小さなミスでも落ち込みやすい

長所で責任感が強いと答える人が自覚しておくこと3つ目は『小さなミスでも落ち込みやすい』です。責任感が強い人は、小さなミスでも落ち込みやすい傾向にあります。責任感の強さゆえに「ひと一倍」落ち込むのです。保育士は子供たちを相手にする仕事なので、小さなミスは日常茶飯時です。小さなミスで落ち込んでいると、その後の行動に悪影響を与え、それが負のサイクルに繋がってしまうかもしれません。責任感が強い方は「自分は小さなミスでも落ち込みやすい」ということを自覚し、細かいことは気にしないようにしょう。

 

 

保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際に心がけること3つ

保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際に心がけること3つ

最後に、長所で責任感が強いと答える際に心がけることを3つご紹介します。長所を魅力的に伝えるためにも、このポイントに注意して面接に臨みましょう。なお、長所を見つける方法について知りたい方は「現役保育士が教える面接で使える自己PRの作り方」をご覧ください。

 

【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際に心がけること1】語尾までしっかりと話すこと

長所で責任感が強いと答える際に心がけること1つ目は『語尾までしっかりと話すこと』です。面接では緊張のあまり声が小さくなりがち。気づかないうちに「ボソボソ」と話している可能性があります。小さな声で話してしまうと、せっかくの長所も台無し。自信のないように聞こえてしまいます。ですので、長所で責任感が強いと答える際は、大きな声で「語尾までしっかりと聞こえるように」話しましょう。

 

【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際に心がけること2】表情を明るくすること

長所で責任感が強いと答える際に心がけること2つ目は『表情を明るくすること』です。面接では緊張のあまり表情が暗くなりがち。自分でも気づかぬうちに俯いている可能性があります。面接官は話す内容だけでなく、表情も見ておりますので、明るい表情を心がけましょう。

 

【保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際に心がけること3】丁寧な言葉を遣うこと

長所で責任感が強いと答える際に心がけること3つ目は『丁寧な言葉を遣うこと』です。面接官は話す内容だけでなく、言葉遣いも見ています。なぜなら、面接での話し方は保護者とのやり取りに直結すると考えるからです。長所で責任感が強いと答える際は内容も大事ですが、言葉遣いにも注意しましょう。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

保育士の面接!長所では「責任感がある」と「責任感が強い」どっちがいい?
保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際は具体的に言いましょう
保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際のポイント4つ
保育士の面接!長所で責任感が強いと答える人は「弱み」を自覚しておきましょう
保育士の面接!長所で責任感が強いと答える際に心がけること3つ

以上になります。

なお、保育士面接で長所と短所を聞く理由について知りたい方は「保育士面接で長所と短所を聞かれた際の対処法」をご覧ください。最後まで読んでくださりありがとうございました。