最終更新 2021.10.26

求人数3638

保育士面接

  • 保育士転職の際の面接について
  • 保育士転職
  • 正社員
  • 面接
  • 転職
  • 短所

【保育士の面接】短所で心配性と答える時のポイント

保育士面接で短所を聞かれて…。
「心配性」と答えても大丈夫かな?

 

このような不安を抱えている保育士さんはいませんか?


保育士は、乳児から小学校就学までの幼児を保育する仕事。園児たちのお世話をしながら、危険がないように見守る必要があります。そのため、短所で心配性と答えたら「頼りないと思われ、採用を見送られるかも…」と不安になるのではないでしょうか。


この記事では、心配性の方に向けて「短所で心配性と答える時のポイント」をご紹介していきたいと思います。面接をどう乗り切るのかと悩んでいる保育士さんは、ぜひ最後までお付き合いくださいね。


【目次】
保育士の面接!短所で心配性と答えてもOK
保育士の面接!短所で心配性と答える時の注意点3つ
<保育士の面接!短所で心配性と答える時の注意点1>具体的に話す
<保育士の面接!短所で心配性と答える時の注意点2>克服しようとしていることを伝える
<保育士の面接!短所で心配性と答える時の注意点3>仕事に支障はないと伝える
保育士の面接!短所で心配性と答える時のポイント3つ
<保育士の面接!短所で心配性と答える時のポイント1>結論から話す
<保育士の面接!短所で心配性と答える時のポイント2>エピソードを交える
<保育士の面接!短所で心配性と答える時のポイント3>言い換える
保育士面接で短所を伝える!心配性の言い換え表現3つ
<保育士面接で短所を伝える!心配性の言い換え表現1>計画性がある
<保育士面接で短所を伝える!心配性の言い換え表現2>責任感がある
<保育士面接で短所を伝える!心配性の言い換え表現3>ミスが少ない
保育士の面接!短所で心配性と答える時に意識すること3つ
【保育士の面接!短所で心配性と答える時に意識すること1】大きな声でハキハキと話す
【保育士の面接!短所で心配性と答える時に意識すること2】丁寧な言葉をつかう
【保育士の面接!短所で心配性と答える時に意識すること3】表情を明るくする
保育士面接で短所を伝える!心配性の方はしっかりと練習しましょう
まとめ

 

 

 

保育士の面接!短所で心配性と答えてもOK

保育士の面接!短所は心配性でも大丈夫です

短所で「心配性」と答えることは悪い回答に思えます。しかし、実際にはそんなことありません。「私の短所は心配性です!」と答えても大丈夫なのです。なぜなら面接官は、あなたを深く知りたいと思い短所を聞いています。ですから「心配性」という短所だけで、あなたの評価が下がるようなことはありません。保育士の面接では短所を正直に伝え、誠実な人柄を印象づけましょう。なお、保育士面接における長所と短所の伝え方については『面接時に心配性であることを短所として伝えたい保育士におすすめの伝え方』で詳しく解説しております。ご興味のある方はぜひご覧くださいね。

 

 

 

 

保育士の面接!短所で心配性と答える時の注意点3つ

保育士の面接!短所で心配性と答える時の注意点3つ

保育士面接で短所を聞かれた時は「心配性」と答えても問題ありません。ただし注意点が3つ。短所で「心配性」と答える時は以下のポイントに注意しましょう。

 

<保育士の面接!短所で心配性と答える時の注意点1>具体的に話す

1つ目にご紹介する短所で心配性と答える時の注意点は『具体的に話す』です。ひと口に心配性といっても種類は様々。「リスクの大きさが心配になる…」「準備不足が心配になる…」など、人によってタイプが異なります。ですから、単に心配性と答えるだけではいけません。短所で心配性と答える時は具体的に伝えましょう。

 

 

<保育士の面接!短所で心配性と答える時の注意点2>克服しようとしていることを伝える

2つ目にご紹介する短所で心配性と答える時の注意点は『克服しようとしていることを伝える』です。自らの短所を知りながら克服しようと努力しない人はNG。面接官に「向上心のない人」と思われてしまいます。ですから、短所で心配性と答える時は「心配性を克服しようと努力していること」も併せて伝えましょう。短所で心配性と伝える際のポイントを解説しているサイトでも、面接官に改善している点を述べるように言っております。

 

 

 

<保育士の面接!短所で心配性と答える時の注意点3>仕事に支障はないと伝える

3つ目にご紹介する短所で心配性と答える時の注意点は『仕事に支障はないと伝える』です。「心配性が原因で困難な業務がある」と伝えることは禁句。このような言い方をしてしまうと、それだけで不採用になるかもしれません。短所で心配性と伝える際は、仕事をする上で致命的になることは避けましょう。短所で心配性と伝える際のポイントを解説しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。


   

 

 

保育士の面接!短所で心配性と答える時のポイント3つ

保育士の面接!短所で心配性と答える時のポイント3つ

次に、短所で心配性と答える時のポイントをご紹介します。短所で心配性と答える時は、以下のポイントに気をつけましょう。

 

<保育士の面接!短所で心配性と答える時のポイント1>結論から話す

1つ目にご紹介する短所で心配性と答える時のポイントは『結論から話す』です。「私の短所は心配性です!」と結論から伝えると、その後の流れがスムーズになります。そのため、論理的に要点を伝えることができるのです。短所で心配性と答える時は「私の短所は心配性なことです!」と元気よく伝えましょう。なお、結論ファーストは、ビジネスシーンでも好まれる話し方ですよ。

 

 

<保育士の面接!短所で心配性と答える時のポイント2>エピソードを交える

2つ目にご紹介する短所で心配性と答える時のポイントは『エピソードを交える』です。エピソードを交えて話すと「真実味」が出ます。そのため、あなたの人物像を伝えやすくなるのです。心配性の方は一つや二つは面白いエピソードがあると思いますので、面接前に用意しておきましょう。

 

 

<保育士の面接!短所で心配性と答える時のポイント3>言い換える

3つ目にご紹介する短所で心配性と答える時のポイントは『言い換える』です。短所は長所の裏返し。見方を変えると「ポジティブな表現」ができます。ですから、心配性であることを伝える際は別の言葉に置き換えましょう。短所をうまく言い換えることができれば、自己PRになりますよ。なお、保育士向けに短所の伝え方を紹介しているサイトでも、同様のことを言っております。

 

 

 

保育士面接で短所を伝える!心配性の言い換え表現3つ

保育士面接で短所を伝える!心配性の言い換え表現3つ

ここからは、心配性の言い換え表現をご紹介します。ぜひ伝え方を考える際の参考にしてくださいね。

 

<保育士面接で短所を伝える!心配性の言い換え表現1>計画性がある

1つ目にご紹介する心配性の言い換えは『計画性がある』です。心配性の方は慣れた作業でも慢心しません。心配性の性格ゆえ、しっかりと準備してから仕事を進めます。ですので、心配性の方は他の人と比べて計画性が高いと言えるでしょう。保育士の仕事は基本的に「タイムスケジュール」に沿って進めていきますので、計画性があることは大きなアピールになりますよ。保育士向けに短所の伝え方を紹介しているサイトでも、同様のことを言っております。

 

 

 

<保育士面接で短所を伝える!心配性の言い換え表現2>責任感がある

2つ目にご紹介する心配性の言い換えは『責任感がある』です。心配性の方は物事に対して中途半端な取り組み方をしません。「〇〇になったらどうしよう…」という心配性な性格ゆえ、何事も真剣に向き合います。ですから、心配性の方は非常に責任感が強いと言えるでしょう。保育士は子供の命を預かる重大な仕事。強い責任感が求められます。なので、責任感の強い方は重宝されると思いますよ。なお、短所で心配性と伝える際のポイントを解説しているサイトでも、同様のことを言っております。

 

 

 

<保育士面接で短所を伝える!心配性の言い換え表現3>ミスが少ない

3つ目にご紹介する心配性の言い換えは『ミスが少ない』です。心配性の方は何事も慎重に行います。「○○は大丈夫かな…」という心配性な性格ゆえ、常にミスがないかを確認しながら仕事を進めていくのです。そのため、ミスの発生率が非常に低いと言えるでしょう。

 

 

保育士の面接!短所で心配性と答える時に意識すること3つ

保育士の面接!短所で心配性と答える時に意識すること3つ

続きましては、短所で心配性と答える時に意識することを3つご紹介します。短所を魅力的に伝えるためにも、このポイントを意識して面接に臨みましょう。

 

 

【保育士の面接!短所で心配性と答える時に意識すること1】大きな声でハキハキと話す

1つ目にご紹介する短所で心配性と答える時に意識することは『大きな声でハキハキと話す』です。短所を伝える際は声が小さくなりがち。自分でも気づかぬうちにボソボソと話している可能性があります。ですので、短所で心配性と答える時は「大きな声でハキハキと話す」ように意識しましょう。大きな声で伝えると、短所を前向きに捉え、克服しようと頑張っている印象を与えられますよ。

 

【保育士の面接!短所で心配性と答える時に意識すること2】丁寧な言葉をつかう

2つ目にご紹介する短所で心配性と答える時に意識することは『丁寧な言葉をつかう』です。面接官は話す内容だけでなく、言葉遣いも見ています。なぜなら、面接での話し方は保護者とのやり取りに直結すると考えるからです。短所で心配性だと伝える際は内容も大事ですが、言葉遣いにも注意しましょう。丁寧な言葉をつかうだけで、短所から受ける印象がガラッと変わりますよ。

 

 

【保育士の面接!短所で心配性と答える時に意識すること3】表情を明るくする

3つ目にご紹介する短所で心配性と答える時に意識することは『表情を明るくする』です。短所を伝える際は表情が暗くなりがち。自分でも気づかぬうちに俯いている可能性があります。面接官は話す内容だけでなく、表情も見ておりますので、明るい表情を心掛けましょう。短所で心配性と伝える際のポイントを解説しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。

 

 

 

保育士面接で短所を伝える!心配性の方はしっかりと練習しましょう

短所で心配性と答える人はしっかりと面接の練習をしておきましょう。なぜなら、心配性の方は「○○について聞かれたら…」「○○について答えられるかな…」など、面接前から悩みがち。きっと不安を抱えた状態で面接に参加すると思います。これでは面接を成功させることはできません。面接を成功させるためにも、本番前にしっかりと練習をして、不安を解消しておきましょう。なお、面接の練習に関しては転職エージェントがおすすめです。転職エージェントを活用すれば「面接の練習」に加えて「履歴書」や「職務経歴書」の作成・添削までサポートしてくれますよ。転職活動に不安を抱えている保育士さんは、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

保育士の面接!短所で心配性と答えてもでもOK
保育士の面接!短所で心配性と答える時の注意点3つ
保育士の面接!短所で心配性と答える時のポイント3つ
保育士面接で短所を伝える!心配性の言い換え表現3つ
保育士の面接!短所で心配性と答える時に意識すること3つ
保育士面接で短所を伝える!心配性の方はしっかりと練習しましょう

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。