最終更新 2021.10.26

求人数3638

保育士面接

  • 保育士転職
  • 面接
  • 転職
  • 緊張
  • 短所

【保育士の面接】短所で緊張しやすいことを伝える際のポイント

保育士の面接で短所を伝えるときに…。
緊張しやすいと答えても大丈夫だろうか?

このような不安を抱えている保育士さんはいませんか?

保育士の仕事は人と接する仕事。子供だけでなく、保護者ともコミュニケーションをとる必要があります。ですから、緊張しやすい方は「人前で話すことが苦手と思われ、採用を見送られるかも」と心配になるのではないでしょうか。

この記事では、緊張しやすい性格の方に向けて「短所で緊張しやすいことを伝える際のポイント」をご紹介していきます。面接をどう乗り切るのかと悩んでいる保育士さんは、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

【目次】
【保育士の面接】短所を緊張しやすいことにしてもOK
【保育士の面接】短所で緊張しやすいことを伝える際の注意点3つ
<保育士の面接!短所で緊張しやすいことを伝える際の注意点1>致命的なことは言わない
<保育士の面接!短所で緊張しやすいことを伝える際の注意点2>大きな声でハキハキと伝える
<保育士の面接!短所で緊張しやすいことを伝える際の注意点3>ネガティブなことを言わない
【保育士の面接】短所で緊張しやすいことを伝える際は言い換えよう
<保育士面接で短所を伝える!緊張しやすいの言い換え1>真面目な性格
<保育士面接で短所を伝える!緊張しやすいの言い換え2>慎重派でミスが少ない
<保育士面接で短所を伝える!緊張しやすいの言い換え3>責任感が強い
【保育士の面接】短所で緊張しやすいことを説明する流れ
<保育士の面接!短所で緊張しやすいことを説明する流れ1>結論から伝える
<保育士の面接!短所で緊張しやすいことを説明する流れ2>緊張しやすい場面を説明する
<保育士の面接!短所で緊張しやすいことを説明する流れ3>実際の経験を伝える

<保育士の面接!短所で緊張しやすいことを説明する流れ4>努力したことを伝える
<保育士の面接!短所で緊張しやすいことを説明する流れ5>結果を説明する
【保育士の面接】短所で緊張しやすいことを伝える人は練習しましょう
まとめ

 

 

【保育士の面接】短所を緊張しやすいことにしてもOK

【保育士の面接】短所を緊張しやすいことにしてもOK

短所で「緊張しやすい」と答えることは悪いように感じられます。しかし実際にはそんなことありません。「私の短所は緊張しやすいこと」と答えても大丈夫なのです。なぜなら、面接官は、あなたを深く知りたいと思い短所を聞いています。ですから「緊張しやすい」という短所だけで、あなたの評価が下がるようなことはありません。保育士の面接では「緊張しやすい」という短所を正直に伝え、誠実な人柄を印象づけましょう。なお、保育士面接における長所と短所の伝え方については「面接時に緊張しやすいことを短所として伝えたい保育士におすすめの伝え方」で詳しく解説しております。ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

 

【保育士の面接】短所で緊張しやすいことを伝える際の注意点3つ

【保育士の面接】短所で緊張しやすいことを伝える際の注意点3つ

保育士面接で「緊張しやすいことが短所です!」と答えても大丈夫。何の問題ありません。ただし注意点が3つ。短所で「緊張しやすい」と答える際は、以下のポイントに注意しましょう。

 


<保育士の面接!短所で緊張しやすいことを伝える際の注意点1>致命的なことは言わない

1つ目にご紹介する緊張しやすいことを伝える際の注意点は『致命的なことは言わない』です。「緊張しやすい性格が原因でできない業務がある」と伝えることは禁句。このような言い方をしてしまうと、それだけで不採用になるかもしれません。ですから、仕事をする上で致命的になることは避けましょう。

 

 

<保育士の面接!短所で緊張しやすいことを伝える際の注意点2>大きな声でハキハキと伝える

2つ目にご紹介する緊張しやすいことを伝える際の注意点は『大きな声でハキハキと伝える』です。緊張しやすい性格の人は、声が小さくなりがち。特に短所を伝える際は注意が必要です。マイナスのことを伝える時ほど「大きな声でハキハキ」と言いましょう。自信を持って伝えると、短所を前向きに捉え、克服しようと頑張っている印象を与えられます。保育士面接の対策をご紹介しているサイトでも同様のことを言っておりますよ。

 


<保育士の面接!短所で緊張しやすいことを伝える際の注意点3>ネガティブなことを言わない

3つ目にご紹介する緊張しやすいことを伝える際の注意点は『ネガティブなことを言わない』です。短所について聞かれた際にネガティブな発言をすると危険。それだけで面接官にマイナスの印象を与えるかもしれません。ですので、短所で緊張しやすいことを伝える際はポシティブに伝えましょう。なお、短所の伝え方を紹介しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。

 

 

【保育士の面接】短所で緊張しやすいことを伝える際は言い換えよう

【保育士の面接】短所で緊張しやすいことを伝える際は言い換えよう

短所で「緊張しやすいこと」をポジティブに伝える方法。それは言い換えることです。短所は長所の裏返しになりますので「緊張しやすいこと」をポジティブに考え言い換えましょう。そうすれば、緊張しやすい性格を活かして面接官に好印象を与えられます。主な言い換え方は以下をご覧ください。

 


<保育士面接で短所を伝える!緊張しやすいの言い換え1>真面目な性格

1つ目にご紹介する緊張しやすいの言い換えは『真面目な性格』です。緊張してしまうのは「失敗したらどうしよう…」と考えてしまうことが原因。何事も失敗しないようにという気持ちが不安や焦りを生み、緊張感に繋がっています。ですから、緊張しやすい人は真面目な性格とも言えるのです。短所で緊張しやすいことを伝える際は「真面目な性格」であることも併せて伝えましょう。

 

<保育士面接で短所を伝える!緊張しやすいの言い換え2>慎重派でミスが少ない

2つ目にご紹介する緊張しやすいの言い換えは『慎重派でミスが少ない』です。緊張しやすい人は常に不安がつきもの。そのため「本番で緊張しないように」としっかりと準備をし、慎重に物事を進めます。ですから、緊張しやすい人はミスや失敗が少ない傾向にあるのです。保育士面接における短所を紹介しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。

 

 

<保育士面接で短所を伝える!緊張しやすいの言い換え3>責任感が強い

3つ目にご紹介する緊張しやすいの言い換えは『責任感が強い』です。緊張してしまうのは「失敗したらどうしよう…」と考えてしまうことが原因。つまり、責任感が強い証拠です。保育士の仕事は子供の命を預かるので、大きな責任が伴います。ですから、責任感が強い方は面接官に好印象を与えることができますよ。保育士面接で「緊張しやすい性格」を伝える際は「責任感が強いこと」も併せて伝えましょう。

 

 

【保育士の面接】短所で緊張しやすいことを説明する流れ

【保育士の面接】短所で緊張しやすいことを説明する流れ

緊張しやすいという短所を伝える際は順番も大事。しかるべき手順で伝えると、面接官に好印象を与えることができます。緊張しやすいという短所を伝える際は以下の手順で伝えましょう。

 

 


<保育士の面接!短所で緊張しやすいことを説明する流れ1>結論から伝える

保育士面接で短所を聞かれたら、まずは結論から伝えましょう。「私の短所は緊張しやすいことです!」と結論から伝えと、要点が分かりやすくなりますよ。面接における短所の伝え方を紹介しているサイトでも、同じことを言っております。

 


<保育士の面接!短所で緊張しやすいことを説明する流れ2>緊張しやすい場面を説明する

結論の次は「どのような場面で緊張しやすいのか」ということを説明します。緊張しやすい場面は人によってバラバラ。「初対面の人と挨拶をするとき」「人前に立つとき」「試験のとき」など様々です。なので、面接官がイメージしやすいように具体的に説明してください。なお、緊張しやすい場面をだらだらと説明する必要はありません。端的に説明しましょう。

 

<保育士の面接!短所で緊張しやすいことを説明する流れ3>実際の経験を伝える

緊張しやすいという短所から、実際に直面した問題を話します。「保護者にクリスマス会の説明ができなかった…」「保護者の視線が気になりピアノをうまく弾けなかった…」など、緊張がもとの失敗談を具体的に話しましょう。

 

<保育士の面接!短所で緊張しやすいことを説明する流れ4>努力したことを伝える

次に、短所をカバーするために努力したことを具体的に説明します。このポイントを具体的に説明できると「短所を克服するために努力できる人」と思ってもらえますので、しっかりと伝えましょう。自分の問題点に向き合い努力できる人は、それだけで好印象を与えられますよ。面接における短所を紹介しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。

 

 

<保育士の面接!短所で緊張しやすいことを説明する流れ5>結果を説明する

最後に、努力した結果を説明します。結果が全てではありませんが、このポイントを伝えないと短所が締まりません。ですから努力した結果「改善したこと」や「成長したこと」を具体的に伝えましょう。たとえば「保護者とうまく話せるように、友人と会話の練習をした結果、物事の説明がうまくなりました」とかですね。些細なことですが、ポジティブに締めることで「短所を克服できる人」というアピールになりますよ。

 

 

【保育士の面接】短所で緊張しやすいことを伝える人は練習しましょう

短所で「緊張しやすい」と答える人は、恐らく面接時も緊張していると思います。そのため、思っていたことが言えなかったり、頭が真っ白になってしまったりするはず。自分の持てる力すべてを出し切ることは難しいと思います。ですから、本番で緊張しないためにも、事前に面接の練習をしておきましょう。なお、転職エージェントを活用すれば「面接の練習」に加えて「履歴書」や「職務経歴書」の作成・添削をサポートしてくれます。転職活動に不安を抱えている保育士さんは、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

【保育士の面接】短所を緊張しやすいことにしてもOK
【保育士の面接】短所で緊張しやすいことを伝える際の注意点3つ
【保育士の面接】短所で緊張しやすいことを伝える際は言い換えよう
【保育士の面接】短所で緊張しやすいことを説明する流れ
【保育士の面接】短所で緊張しやすいことを伝える人は練習しましょう

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。