最終更新 2019.12.11

求人数339

保育士の転職情報まとめ

  • 保育士転職

保育士の転職時に使える退職理由の例文一覧をご紹介します!いい言い回し・悪い言い回しとは

 

はじめに

 

保育士転職時の退職理由 

転職を考えるとき、

同時に考えておかなければならないことが、

「退職理由」です。

ネガティブな理由はお世話になった園に言いづらいと感じたり、

はっきりしない理由だと引き留められてしまうこともあります。

慰留されると断りづらくなって、

そのまま働き続けている方も多いのではないでしょうか。

今回は、

本気で転職を考えている方が、

退職理由をしっかりと伝えられるように、

印象を悪くしない退職理由の言い回しを

例文を交えて解説していきます!

 

 

目次

 

保育士転職時の退職理由とは

 

1.保育士転職時の退職理由| 印象良く伝えるポイント

 

1₋⑴保育士転職時退職理由|本当の理由は隠すべき?

1₋⑵保育士転職時の退職理由|伝え方の注意点

 

 

2.保育士転職時の退職理由|例文集

 

保育士転職時の退職理由について

2₋⑴保育士転職時の退職理由|例文

2₋⑵保育士転職時の退職理由|まとめ

 

 

1.保育士転職時の退職理由| 印象良く伝えるポイント

 

 保育士転職時の退職理由を考察!

 

1₋⑴保育士転職時の退職理由|本当の理由は隠すべき?

 

 

退職理由については、

隠さず本当の理由を伝えるべきと考えましょう。

ただし、

特定の個人を中傷する内容や、

園の方針を一方的に非難することは避けましょう。

今後も保育士として働き続ける場合、

どこかで接点や関係を持たなければならないことも

あるかもしれません。

その園での仕事が終わっても、

人間関係や人との繫がりは継続するものと考えましょう。

円満に退職するための大事なポイントは、

「本当の理由が言いづらいとき、違う言い方で表現する」

ということです。

言うべき理由はしっかりと伝えるようにしましょう。

お世話になった保育園への感謝と、

仕事の引き継ぎをきちんとする意思を伝えましょう。

退職の意思が固いと伝われば、

相手から無理な引き留めをされることは少なくなります。

 

 

1₋⑵保育士転職時の退職理由|伝える方の注意点

 

 保育士転職時の退職理由に関して

退職の理由を伝えるときに注意するべきポイントをいくつかご紹介します。

 

①嘘の理由は言わない

退職理由に嘘は言わないようにしましょう。

後でばれるリスクを背負うことになります。

たとえ短期間でもお世話になったことは事実なので、

誠意を持ってしっかり話すことを心掛けましょう。

 

②一方的な否定や非難はしない

園の方針や人間関係に問題があったとしても、

一方的な否定や非難は避けるようにしましょう。

完璧な人間がいないことと同じように、

園の方針も完全であることはありえません。

退職理由は自分が素直に感じたことを話して、

この先続けていくことができないことが伝わればいいのです。

 

③感謝の気持ちを伝える

お世話になったこと、教わったこと、

保育士として成長できたこと、

きちんと感謝の気持ちを伝えましょう。

「ありがとうございました」

と素直に言える気持ちを大切にしましょう。

 

 

 

☆保育士退職理由の伝え方参考サイト一覧

 

保育士の退職理由の伝え方――職場編・面接編退職理由はネガティブからポジティブへ変換しよう!|保育士の転職・求人・募集なら【マイナビ保育士】

 

【例文満載】保育士の辞める理由、辞めた理由、退職理由の完全版リスト|面接、履歴書、面談で使える理由が必ず見つかる! - ほいくのおまもり

 

2.保育士転職時の退職理由|例文集

 

保育士が転職時に考える退職理由

 

2₋⑴保育士転職時の退職理由|例文

 

 保育士転職時に退職理由はなんていう?

・例文①仕事内容について

 

「保育士として働くなかで、

 自分の仕事や子どもへの接し方に

自信が持てなくなってしまいました。

とても悩みましたが、

 このまま保育士を続けていくことは考えられません。

 一度職場を離れて気持ちを整えたいと思っています。

 未熟な私に保育士という仕事をさせて頂き、

 心から感謝しています。

 本当にありがとうございました。」

 

・例文②職場の人間関係について

 

「職場の人間関係に気を取られてしまい、

 仕事に集中出来ない状態が続いていました。

 何度か先輩職員にも相談したのですが、

 自分の中で整理がつかないまま、

 とても不安に思ってしまっています。

 一度、自分を見つめ直す時間を頂き、

 また保育士として再出発できたらと思っています。

 園長や仲間の職員には本当にお世話になりました。

 ご迷惑をお掛けしますが、

 引き継ぎ等、自分にできることは精一杯やらせて頂きたいと思っております。」 

 

・例文③待遇や評価について

 

「現状の評価について、

 しっかりと受け止めています。

 今の私に欠けているものを見つけるには、

 保育士としてもっと勉強する時間が必要と思っています。

 幼稚園教諭の資格取得にも興味があり、

 本腰を入れて学ぶためにも、

 退職して、勉強に専念したいと考えています。

 今まで本当にお世話になりました。

 ありがとうございます。

 仕事の引き継ぎもご迷惑にならないよう、

 しっかり務めたいと思っています。」

 

 

2₋⑵保育士転職時の退職理由|まとめ

 

 保育士転職時の退職理由を解説

退職理由を伝えるときは、

きちんと話すことがなにより大切です。

退職届け等、書類だけで済ませようとするのは、

あまりおすすめできません。

将来のことを考えるうえでも

円満に退職することを目指すべきです。

意思をしっかり持って、

誠意ある態度で話すことを心掛けましょう。

 

☆保育士退職理由の伝え方参考サイト一覧

 

保育士が転職する際に多い転職理由って何?面接のときはどう言うべき? | 保育士くらぶ

 

保育士の転職面接完全マニュアル│保育士求人なら【保育士バンク!】

 

保育士の面接で『転職理由』はなんて答えるべき?本音と建前が大事! | 保育士転職の世界