最終更新 2020.04.02

求人数913

保育士面接

  • 保育士転職の際の面接について
  • 保育士転職の際の履歴書について
  • 保育士転職

保育士面接で意外と悩む自己紹介を解説!好印象を与える自己紹介例とは?

 

はじめに

保育士面接の自己紹介例について

保育士面接である自己紹介。

面接での自己紹介はどう伝えると相手に好感を持たれるのでしょうか?

今回は保育士面接における自己紹介、

好印象や好感を与えられる伝え方・言い方のポイントを

紹介していきます。

 

 

目次

 

保育士面接の自己紹介例とは

 

1.保育士面接の自己紹介で好印象を与える伝え方

 

1₋⑴保育士面接での自己紹介|準備・下調べ

1₋⑵保育士面接での自己紹介|アピールポイント

1₋⑶保育士面接での自己紹介|参考例文

1₋⑷保育士面接での自己紹介|注意点

1₋⑸保育士面接での自己紹介|参考サイト一覧

 

 

1.保育士面接の自己紹介で好印象を与える伝え方

 

保育士面接の自己紹介例のポイント

 

1₋⑴保育士面接での自己紹介|準備・下調べ

 

保育士面接の自己紹介の例文

①準備|保育士面接での自己紹介

保育士面接の自己紹介を考えるとき、

初めに「保育士の仕事」のイメージを思い浮かべてみて下さい。

子どもと一緒に遊んでいる姿や

外遊びをしている子ども達を見守っている姿、

ピアノを演奏していたり読み聞かせをしたり、

いろいろなイメージが浮かぶと思います。

その中で自分にできることや、好きなこと、

やってみたいことを見つけておきましょう。

できること=「長所・アピールポイント」

好きなこと=「特技・得意なこと」

やってみたいこと=「興味・関心のあること」

どれも自己紹介で使えることばかりです。

自己紹介は何よりも自分で考えることが大切です。

相手にわかりやすく伝えられるように、

事前にイメージを固めておきましょう。

 

②下調べ|保育士面接での自己紹介

保育士の自己紹介を考えるとき、

必ずやっておくべきことがあります。

それは、「応募先となる園の下調べ・情報収集」です。

園毎に異なる保育方針や保育理念、働き方や福利厚生も含めて、

綿密に調べておくことをおすすめします。

情報は園のホームページや転職サイト等、

インターネットで調べられるものだけに頼るのでは、

偏った見方になる可能性もあります。

 

園見学や説明会等、

職場を直に見る機会を作ることも大切です。

最近では就活・転職フェアも各地で開催されています。

応募を検討している園が参加しているフェアに、足を運ぶ価値は十分にあります。

しっかりと下調べができていれば、

自己紹介で自分の希望に合った園であることを自信を持って伝えることができます。

 

また根拠のあることを伝えることで、相手にも好印象を与えることができます。

☆保育士の転職フェア気になる方はこちら→保育ひろば 就職・転職フェア

 

 

1₋⑵保育士面接での自己紹介|アピールポイント

 

保育士面接の自己紹介の例文について

保育士の仕事に関わるような具体的な経験や特技があれば、

大きなアピールポイントになります。

例えば、

幼い頃からピアノを習っていて即興で弾き語りができる。

ダンスを習っていたので、振り付けや踊りが得意。

学生の頃に保育補助のアルバイト経験がある。

ボランティアで学童をしていて、

日頃から小さな子ども達と関わっている。

上記のような特技や子どもと関わった経験は、

必ずアピールポイントとして伝えましょう。

このような特技や経験のない方でも性格や自分の長所から、

アピールポイントを見つけることができます。

保育士のアピールポイントとなる性格例

明るい、人当たりがいい、思いやりがある、子ども好き、

責任感が強い、礼儀正しい、真面目、落ち着きがある、

丁寧、正直、粘り強い、努力家

保育士のアピールポイントとなる長所例

体力がある、健康、活動的、笑顔が得意、落ち着いた行動がとれる、

視野が広い、報・連・相がきちんとできる、チームワークが得意

 

他にもたくさんのアピールポイントがあると思います。

じっくり自分と向き合ってみて下さい。

発見した長所をアピールポイントとなるように、

わかりやすく伝えましょう。

 

 

1₋⑶保育士面接での自己紹介|参考例文

 

保育士面接の自己紹介例をご紹介

例文①子ども好きをアピール

私は、子どもが大好きです。

中学生のときに職場体の希望を保育園にしました。

小さな身体で一生懸命力強く遊ぶ姿や

お昼寝をしている寝顔を見て、

すごく癒されました。

子ども好きな自分には、

保育士の仕事が向いていると思い、

短大に進学して保育士免許を取得しました。

ここでしかできない地元に貢献できる保育士になりたいです。

 

例文②保育方針への共感・特技のアピール

私は当初保育士になるために短大に進学しましたが、

在学中に「発達心理学」を学びたいと思い、

大学への編入を決めました。

そこで、「発達心理学」の中の「子どものこころ」

を知る教育を学びました。

小さな子どもが言葉で表現することは難しいことです。

そこで小さな子ども達に、

寄り添える教育を目指したいと思うようになりました。

貴園の「豊かな教育と豊かな心を学ぶ」という

教育方針に共感しました。

私の学んだ「子どものこころ」を貴園で生かして、

役立てたいと思っています。

また私は幼い頃から体操をしていたので、

身体も動かして、

心と身体の豊かさの向上に取り組みたいです。

 

例文③育児を経ての復職

私は現在2歳と4歳の2人の育児をしています。

これまでの保育士経験に加え、

育児の経験も生かしながら、

貴園の乳児クラスから年長さんまで、

幅広く担当できると思います。

また、親となった今では保護者の気持ちが、

これまで以上に深く理解できるようになりました。

子どもに寄り添いながら保育をすることはもちろんのこと、

同じ子どもを持つ保護者として、

育児の悩み相談に対するサポートを手厚くしながら、

保護者にもしっかりと寄り添って仕事をしたいと考えています。

保育士面接での自己紹介の例文参考にしたサイト一覧①保育士の自己PRの書き方。魅力ある人材だとアピールするには│保育士求人なら【保育士バンク!】

保育士の自己PRの書き方|おすすめのアピールポイントや例文もご紹介 | 就活の未来

 

1₋⑷保育士面接での自己紹介|注意点

 

保育士面接の自己紹介の例って?

自己紹介の注意点として、

園の保育方針とのズレがないか、

入念に見直しておくことが重要です。

せっかくのアピールも園の保育方針と一致していなければ、

逆効果にもなりかねません。

下調べの重要性については先に記載した通りですが、

自分の考えと園の方針が合っているか、

自己紹介を完成させる前にじっくり見直しておきましょう。

 

 

1₋⑸保育士面接自己紹介|サイト一覧

 

保育士面接の自己紹介例文についてご紹介します!

①保育士の面接で聞かれる『長所&短所』の正しい回答ポイント! | 保育士転職の世界

②保育士の自己PRや長所の書き方。履歴書、職務経歴書、面接に使える例文 | 保育士の新卒向け求人・就職活動・就活情報なら【保育士就活バンク!】

③文例32個|保育士転職・就職の志望動機&自己PRの書き方と考え方【履歴書と面接】 - ほいくのおまもり

④保育士の面接必勝法!よく聞かれる質問と受かるための対策は!?

 

おわりに

 

 保育士面接の自己紹介の例

今回は保育士面接での自己紹介や例文について記事にしました。

皆さんの参考になれば幸いです。

ぜひ魅力的で好感を与えられる自己紹介を完成させて下さい!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。