最終更新 2021.10.26

求人数3638

保育士面接

  • 保育士転職の際の面接について
  • 保育士転職
  • 面接
  • 転職
  • 退職理由

保育士の転職面接|退職理由を伝えるときのポイント

面接で退職理由を聞かれたら…。
正直に話してもいいの?

このような疑問にお答えします。

この記事では、保育士への転職を考えている方に向けて『退職理由を伝えるときのポイント』をご紹介します。後半では「退職理由を伝える際の注意点」をご紹介しておりますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

【目次】
保育士の転職面接|よくある退職理由5つ
【保育士の転職面接|よくある退職理由1】体力がもたない
【保育士の転職面接|よくある退職理由2】給料が安い
【保育士の転職面接|よくある退職理由3】仕事量が多い
【保育士の転職面接|よくある退職理由4】休みをとりにくい
【保育士の転職面接|よくある退職理由5】保育の仕事に向いてないと感じる
保育士の転職面接|退職理由は伝え方が大事!
保育士の転職面接|退職理由を伝えるときのポイント3つ
【保育士の転職面接|退職理由を伝えるときのポイント1】余計なことは言わない
【保育士の転職面接|退職理由を伝えるときのポイント2】ポジティブに伝える
【保育士の転職面接|退職理由を伝えるときのポイント3】努力や行動を伝える
保育士の転職面接|退職理由を伝えるときに注意すること3つ
【保育士の転職面接|退職理由の注意点1】愚痴や悪口
【保育士の転職面接|退職理由の注意点2】給与に関する話はしないこと
【保育士の転職面接|退職理由の注意点3】嘘をつくこと
保育士の転職面接|退職理由を聞く目的とは?
【保育士の転職面接|退職理由を聞く目的1】仕事観の確認
【保育士の転職面接|退職理由を聞く目的2】短期離職を避けるため
まとめ

 

保育士の転職面接|よくある退職理由5つ

保育士の転職面接|よくある退職理由5つ

保育士を辞めた人の退職理由にはどんなものがあるのでしょうか。まずは「保育士に多い退職理由」をご紹介していきますね。

 

【保育士の転職面接|よくある退職理由1】体力がもたない

保育士に多い退職理由の1つ目は『体力がもたない』です。保育士は体が資本。子供を見守るだけでなく、おんぶしたり、抱っこしたりする場面も多くあります。ですので、保育士の中には体力を理由に退職していく人も珍しくありません。「保育士の転職理由について解説しているサイト」や「保育士の転職面接について解説しているサイト」でも体力面の問題を取り上げております。

 

【保育士の転職面接|よくある退職理由2】給料が安い

保育士に多い退職理由の2つ目は『給料が安い』です。厚生労働省の「令和2年度賃金構造基本統計調査」によると、女性保育士の平均給与は248,400円。男性保育士の平均給与額は273,800円となっております。つまり、男女ともに給与から保険料などを引くと「手取り20万円前後」と低い水準になっております。このようなことから、保育士の中には「給料の安さ」を理由に退職していく人がいます。なお、給料が安さについては「保育士の転職面接について解説しているサイト」でも取り上げておりますよ。

 

【保育士の転職面接|よくある退職理由3】仕事量が多い

保育士に多い退職理由の3つ目は『仕事量が多い』です。保育士の仕事内容は多岐にわたります。たとえば「保育記録の作成」「行事の準備」「保護者対応」など。ときには、時間内に作業が終わらず、持ち帰り仕事も発生します。このようなことから、保育士の中には「仕事量の多さ」に嫌気がさして退職する人もいます。なお、仕事量の多さについては「面接で皆が使う退職理由をご紹介しているサイト」や「保育士の転職面接について解説しているサイト」でもご紹介しておりますよ。

 

【保育士の転職面接|よくある退職理由4】休みをとりにくい

保育士に多い退職理由の4つ目は『休みをとりにくい』です。保育士をしている以上、どうしても休めない日はたくさんあります。そのため、保育士の中には「プライベートの時間を確保できない…」と感じて退職する人も珍しくありません。休みをとりにくいと悩んでいる方は「契約社員」や「派遣保育士」など、働き方を少し変えることで休みの申請がしやすくなることもあります。ですので、まずは上司に相談してみるといいでしょう。

 

【保育士の転職面接|よくある退職理由5】保育の仕事に向いてないと感じる

保育士に多い退職理由の5つ目は『保育の仕事に向いてないと感じる』です。保育士の中には「自分には保育士の適性がない…」と感じて辞めていく人がいます。特に、子供に怪我をさせてしまったり、保護者のクレームを招いてしまったりすると「自分は保育士に向いていない…」と思ってしまうことがあるそうです。

 

 

保育士の転職面接|退職理由は伝え方が大事!

保育士の転職面接|退職理由は伝え方が大事!

退職理由は伝え方次第で大きく印象が変わります。「ありのまま伝えればいい」というわけではありません。「給料が安かった」「保護者と喧嘩した」と面接で言ってしまったら、確実に印象は悪くなってしまいます。退職理由を伝える際は「面接官がどう思うのか」を考え、工夫して伝えましょう。「保育士の転職面接について解説しているサイト」でも同様のことを言っております。

 

 

保育士の転職面接|退職理由を伝えるときのポイント3つ

保育士の転職面接|退職理由を伝えるときのポイント3つ

ここからは、退職理由を伝えるときのポイントを3つご紹介します。退職理由は以下のポイントを意識して伝えましょう。なお、退職理由を「今の職場に伝えるときのポイント」について知りたい方は「保育士の退職理由について解説しているサイト」をご覧ください。

 

【保育士の転職面接|退職理由を伝えるときのポイント1】余計なことは言わない

転職面接で退職理由を伝えるときのポイント1つ目は『余計なことは言わない』です。嘘の退職理由を伝えることはいけません。しかし言わないことはOKです。決して悪いことではありません。もちろん、聞かれた際には答える必要がありますが、そうでない限りは余計なことは言わないほうがいいでしょう。余計なことを言うと、面接官の心象を損ねる可能性がありますので、ご注意ください。

 

【保育士の転職面接|退職理由を伝えるときのポイント2】ポジティブに伝える

転職面接で退職理由を伝えるときのポイント2つ目は『ポジティブに伝える』です。退職理由の多くは「ネガティブな理由」が含まれております。ですので、退職理由は伝え方を工夫して、ポジティブに伝えましょう。それだけで、退職理由の聞こえ方が大きく変わりますよ。「保育士の転職面接について解説しているサイト」でも同様のことを言っております。

 

【保育士の転職面接|退職理由を伝えるときのポイント3】努力や行動を伝える

転職面接で退職理由を伝えるときのポイント3つ目は『努力や行動を伝える』です。退職理由とは「前職で何かしらの希望が叶わなかったこと」を意味します。そのため「その叶わない希望に対して、どう向き合ったのか」が重要。自分の不満に対して具体的な努力や行動をした人は「改善のために行動できる人」だと思ってもらえる可能性がありますので、積極的に伝えましょう。

 

 

保育士の転職面接|退職理由を伝えるときに注意すること3つ

保育士の転職面接|退職理由を伝えるときに注意すること3つ

続きましては、退職理由を伝えるときに注意することを3つご紹介します。退職理由は以下のポイントに注意して伝えましょう。

 

【保育士の転職面接|退職理由の注意点1】愚痴や悪口

転職面接で退職理由を伝える際に注意すること1つ目は『愚痴や悪口』です。転職面接で愚痴や悪口を言うことはNG。たとえ相手が悪くても面接官には関係ありません。「愚痴や悪口を言う人」は面接官に悪い印象を与えるだけです。退職理由では「愚痴や悪口」を言わないようにしましょう。「保育士の転職面接について解説しているサイト」でも同様のことを言っておりますよ。

 

【保育士の転職面接|退職理由の注意点2】給与に関する話はしないこと

転職面接で退職理由を伝える際に注意すること2つ目は『給与に関する話はしないこと』です。給与に関する退職理由はNGです(お給料がもらえなかった場合を除く)。基本的に給与に関する話をすると「お金にうるさい人」と警戒されます。退職理由でお給料に関する話はやめておきましょう。「保育士の転職面接について解説しているサイト」でも給与に関する話は避けるように述べておりますよ。

 

【保育士の転職面接|退職理由の注意点3】嘘をつくこと

転職面接で退職理由を伝える際に注意すること3つ目は『嘘をつくこと』です。退職理由で嘘をつくと、ロクなことがありません。バレないと思っても入社後にバレる可能性があります。退職理由で嘘をつくことは絶対にやめておきましょう。「保育士の転職面接の注意点について解説しているサイト」でも同様のことを言っております。

 

 

保育士の転職面接|退職理由を聞く目的とは?

保育士の転職面接|退職理由を聞く目的とは?

最後に、面接官が退職理由を聞く目的を2つご紹介します。退職理由の伝え方で失敗しないためにも質問の意図を理解しておきましょう。

 

【保育士の転職面接|退職理由を聞く目的1】仕事観の確認

面接官が退職理由を聞く目的1つ目は『仕事観の確認』です。面接官は退職理由を通して、あなたが「仕事に対してどう考え」「どのようなことを大切にしているのか」を見ています。各保育園には、独自の「保育方針」や「保育理念」がありますので、考え方が違うと離職する可能性が高いです。なので、退職理由から「あなたの仕事観」を知り、マッチするかを確かめています。

 

【保育士の転職面接|退職理由を聞く目的2】短期離職を避けるため

面接官が退職理由を聞く目的2つ目は『短期離職を避けるため』です。面接官は退職理由を聞いて「同じ理由ですぐに辞めてしまわないか」を見ています。保育園としては、保育士の「採用」や「育成」にかけた時間を無駄にしたくないと考えておりますので、当然のことですね。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

保育士の転職面接|よくある退職理由5つ
保育士の転職面接|退職理由は伝え方が大事!
保育士の転職面接|退職理由を伝えるときのポイント3つ
保育士の転職面接|退職理由を伝えるときに注意すること3つ
保育士の転職面接|退職理由を聞く目的とは?

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。