最終更新 2021.10.26

求人数3638

保育士面接

  • 保育士転職の際の面接について
  • 保育士転職
  • 正社員
  • 面接
  • 自己紹介
  • 転職

保育士の転職面接!自己紹介で伝えるべきこと

面接の自己紹介って…。
どこまで言えばいいの?

このような悩みを抱えている方はいませんか?

「自己紹介は名前と挨拶だけでいいの?」「それとも意気込みも伝えるべき?」など、保育士への転職を考えている方の中には、自己紹介について悩み、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて『自己紹介で伝えるべきこと』をご紹介していきたいと思います。この記事では、自己紹介で伝えるべきことと併せて『自己紹介を魅力的に見せるポイント』などもご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。


【目次】

保育士の転職面接!自己紹介とは?
保育士の転職面接!自己紹介と自己PRの違いとは?
保育士の転職面接!自己紹介は簡潔に!
保育士の転職面接!自己紹介で伝えるべきこと4つ
【保育士の転職面接!自己紹介で伝えるべきこと1】お礼
【保育士の転職面接!自己紹介で伝えるべきこと2】名前
【保育士の転職面接!自己紹介で伝えるべきこと3】略歴
【保育士の転職面接!自己紹介で伝えるべきこと4】締めの言葉
保育士の転職面接!自己紹介を魅力的にするポイント4つ
【保育士の転職面接!自己紹介を魅力的に1】話し方や表情を意識する
【保育士の転職面接!自己紹介を魅力的に2】園の保育方針に合わせる
【保育士の転職面接!自己紹介を魅力的に3】パーソナルな情報を入れる
【保育士の転職面接!自己紹介を魅力的に4】選考への意欲を伝える
保育士の転職面接!面接官が自己紹介のときに見ているポイント4つ
【保育士の転職面接!自己紹介のときに見ているポイント1】身だしなみ
【保育士の転職面接!自己紹介のときに見ているポイント2】目線
【保育士の転職面接!自己紹介のときに見ているポイント3】言葉遣い
【保育士の転職面接!自己紹介のときに見ているポイント4】姿勢
まとめ


 

 

 

 

保育士の転職面接!自己紹介とは?

保育士の転職面接!自己紹介とは?

はじめに、自己紹介について説明します。面接における自己紹介とは「今から面接を受けるのはこんな人物ですよ!」と伝えること。氏名や趣味・特技などを完結にまとめたものを指します。面接官は自己紹介を通して、あなたの第一印象、コミュニケーション能力、職務経験の概略を確認し、その経験が自社で生かせるものなのかを見極めているのです。

 

 

 

 

保育士の転職面接!自己紹介と自己PRの違いとは?

自己紹介と自己PRはよく似ている言葉です。しかし、面接においては意味が異なります。具体的には自己PRが自分を売り込む言葉。一方、自己紹介は自分の紹介をするだけになります。ですので、面接官に「自己紹介をしてください」と言われた場合は自己アピールをする必要はありません。くれぐれも自己PRをしないように気をつけてくださいね。保育士面接の自己紹介について解説しているサイトでも、同じことを言っておりますよ。

 

 

 

 

保育士の転職面接!自己紹介は簡潔に

保育士の転職面接!自己紹介は簡潔に

面接の自己紹介では簡潔に話すことが重要です。なぜなら、あなたのパーソナリティは、面接官が頃合いを見て掘り下げてくれます。ですので、ダラダラと自分語りをする必要はありません。冗長な自己紹介はかえって印象が悪くなりますので、注意してくださいね。なお、理想の自己紹介は「30秒〜1分程度」に収めることですよ。ぜひ面接前に時間を計って練習しておきましょう。保育士面接の自己紹介について解説しているサイトでも、同じことを言っておりますよ。

 

 

 

保育士の転職面接!自己紹介で伝えるべきこと4つ

ここからは自己紹介で伝えるべき内容を4つご紹介します。この内容を1分程度にまとめて伝えましょう。

 

 

【保育士の転職面接!自己紹介で伝えるべきこと1】お礼

保育士が転職面接の自己紹介で伝えるべきことの1つ目は『お礼』です。まずは元気よくお礼を言いましょう。というのも、面接官はあなたと面接をするために時間をつくってくれています。本社のスタッフではなく、園長先生や主任が面接をする場合は尚更です。なので、自己紹介の冒頭では必ずお礼を言いましょう。保育士面接の自己紹介について解説しているサイトでも、同じことを言っておりますよ。

 

 

 

 

【保育士の転職面接!自己紹介で伝えるべきこと2】名前

保育士が転職面接の自己紹介で伝えるべきことの2つ目は『名前』です。名前はフルネームでしっかりと伝えましょう。

 

 

【保育士の転職面接!自己紹介で伝えるべきこと3】略歴

保育士が転職面接の自己紹介で伝えるべきことの3つ目は『略歴』です。略歴とは会社名(前の保育園)・職種・勤務年数などになります。略歴は履歴書と同じ内容になりますが、問題ありません。応募者の多い保育園は一人一人の履歴書をじっくり見ている時間がありませんので、気にせずに同じ内容を伝えましょう。

 

 

 

【保育士の転職面接!自己紹介で伝えるべきこと4】締めの言葉

保育士が転職面接の自己紹介で伝えるべきことの4つ目は『締めの言葉』です。締めの言葉とは、意気込みを伝えることを指します。最後に意気込みを伝えると、自己紹介がピシッと決まりますよ。

 

 

 

保育士の転職面接!自己紹介を魅力的にするポイント4つ

保育士の転職面接!自己紹介を魅力的にするポイント4つ

続きましては、自己紹介を魅力的にするためのポイントを4つご紹介します。このポイントを意識するだけで面接官に与える印象が大きく変わりますよ。

 

 

【保育士の転職面接!自己紹介を魅力的にするポイント1】話し方や表情を意識する

保育士が転職面接の自己紹介を魅力的にするポイント1つ目は『話し方や表情を意識する』です。面接官は自己紹介の内容だけでなく、話し方や表情も見ています。話し方や表情はあなたの第一印象を左右する大切な要素。ですから、自己紹介をする際には意識しましょう。なお、話し方のポイントは「ハキハキした声で、ゆっくりと」。表情のポイントは「口角を軽く上げて、明るく!」ですよ。保育士面接の自己紹介について解説しているサイトでも、同じことを言っております。

 

 

 

【保育士の転職面接!自己紹介を魅力的にするポイント2】園の保育方針に合わせる

保育士が転職面接の自己紹介を魅力的にするポイント2つ目は『園の保育方針に合わせる』です。どれだけ優秀な保育士でも園の保育方針に会わなければ、採用されません。逆に、保育方針に合っている人材であれば、採用される可能性は高まります。ですから、転職面接で自己紹介する時は園が求めている人材を演じることが大事です。たとえば、英語学習に力を入れている園なら、英語スキルをさりげなく伝えるって感じですね。保育士面接の自己紹介について解説しているサイトでも、同様のことを述べておりますよ。

 

 

 

【保育士の転職面接!自己紹介を魅力的にするポイント3】パーソナルな情報を入れる

保育士が転職面接の自己紹介を魅力的にするポイント3つ目は『パーソナルな情報を入れる』です。自己紹介は「自分のことを知ってもらうこと」が目的です。そのため、パーソナルな情報を盛り込むと、より自分のことが伝わります。たとえば、趣味や特技、学生時代に夢中で取り組んだこと。あとは子供好きをアピールするのもいいかもしれません。自己紹介をする際は、さりげなくパーソナルな情報を入れるといいでしょう。

 

 

 

【保育士の転職面接!自己紹介を魅力的にするポイント4】選考への意欲を伝える

保育士が転職面接の自己紹介を魅力的にするポイント4つ目は『選考への意欲を伝えること』です。自己紹介とは面接の冒頭に行うもの。ですので、ここで選考への意欲を伝えれば好印象を与えることができます。選考への意欲は簡単なものいいので、やる気や熱意を伝えましょう。なお、何もいい言葉が浮かばなければ、元気よく「本日はよろしくお願いします」と挨拶すればOK。それだけで熱意は伝わるでしょう。

 

 

 

 

保育士の転職面接!面接官が自己紹介のときに見ているポイント4つ

保育士の転職面接!面接官が自己紹介のときに見ているポイント4つ

最後に、面接官が自己紹介のときに見ているポイント4つご紹介します。面接官はこれらのポイントを見ておりますので、注意してくださいね。

 

 

【保育士の転職面接!自己紹介のときに見ているポイント1】身だしなみ

面接官が自己紹介のときに見ているポイント1つ目は『身だしなみ』です。保育士は子どもを相手にする仕事。身だしなみに関して「ゆるい感じ」がします。しかし、実際にはそんなことありません。保育士の身だしなみが乱れていると、保育園のイメージを損ねることになったり、保護者からクレームがくる可能性があります。ですので、一般的に保育園では「ネイル」「派手な髪色」などが禁じられております。身だしなみは自己紹介の時からチェックされておりますので、注意しましょう。

 

 

【保育士の転職面接!自己紹介のときに見ているポイント2】目線

面接官が自己紹介のときに見ているポイント2つ目は『目線』です。子どもとコミュニケーションをとる際は「話すときの目線」がとても重要。なぜなら、子どもの目を見て話さないと、伝わりにくいからです。これはビジネスの場でも言えることです。面接官は自己紹介の段階から「相手の目を見て話せているか」をチェックしておりますので、注意しましょう。

 

 

【保育士の転職面接!自己紹介のときに見ているポイント3】言葉遣い

面接官が自己紹介のときに見ているポイント3つ目は『言葉遣い』です。面接官は話し方と一緒に、言葉遣いまで見ております。というのも、保育士は子どもと関わる仕事。そのため、綺麗な言葉遣いをしないと子どもに悪影響を与えてしまいます。ですから、綺麗な言葉遣いができないと保育士としては採用されないでしょう。面接官は自己紹介の段階から言葉遣いをチェックしておりますので、注意してくださいね。くれぐれも若者言葉や流行の言葉を使わないように。

 

 

【保育士の転職面接!自己紹介のときに見ているポイント4】姿勢

面接官が自己紹介のときに見ているポイント4つ目は『姿勢』です。姿勢の良さで、人の印象はかなり違って見えます。どんなに優れた人物でも、姿勢が悪ければ印象が悪くなります。これは面接も同じです。自己紹介をするときに背中が丸まっていたり、体がグラグラ動いたりしていると印象が悪くなります。面接官は細かいところまでチェックしておりますので、気をつけましょう。

 

 

まとめ

 

 

では、これまでの内容をまとめると

保育士の転職面接!自己紹介とは?
保育士の転職面接!自己紹介と自己PRの違いとは?
保育士の転職面接!自己紹介は簡潔に!
保育士の転職面接!自己紹介で伝えるべきこと4つ
【保育士の転職面接!自己紹介で伝えるべきこと1】お礼
【保育士の転職面接!自己紹介で伝えるべきこと2】名前
【保育士の転職面接!自己紹介で伝えるべきこと3】略歴
【保育士の転職面接!自己紹介で伝えるべきこと4】締めの言葉
保育士の転職面接!自己紹介を魅力的にするポイント4つ
【保育士の転職面接!自己紹介を魅力的に1】話し方や表情を意識する
【保育士の転職面接!自己紹介を魅力的に2】園の保育方針に合わせる
【保育士の転職面接!自己紹介を魅力的に3】パーソナルな情報を入れる
【保育士の転職面接!自己紹介を魅力的に4】選考への意欲を伝える
保育士の転職面接!面接官が自己紹介のときに見ているポイント4つ
【保育士の転職面接!自己紹介のときに見ているポイント1】身だしなみ
【保育士の転職面接!自己紹介のときに見ているポイント2】目線
【保育士の転職面接!自己紹介のときに見ているポイント3】言葉遣い
【保育士の転職面接!自己紹介のときに見ているポイント4】姿勢

 

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。