最終更新 2021.10.26

求人数3638

保育士面接

  • 保育士転職
  • 面接
  • 転職

保育士の転職!面接にふさわしい服装を紹介します

保育士の面接って…。
どんな服装で行けばいいの?

このような悩みを抱えている方はいませんか?

「保育士の面接はスーツで行くべき?」「それともカジュアルな服装でいいの?」など、保育士転職を考えている人の中には、面接の服装について悩み、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて『保育士の面接にふさわしい服装』をご紹介していきたいと思います。この記事では、保育士の面接にふさわしい服装とあわせて「面接の服装で注意するポイント」もお伝えしていきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。


【目次】
保育士の面接にふさわしい服装はスーツです
保育士の転職!面接の服装に指定がない場合は?
保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント7つ(スーツ編)
【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント1】色
【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント2】柄
【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント3】形
【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント4】素材
【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント5】袖の長さ
【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント6】パンツの形
【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント7】スカート丈
保育士の転職!面接の服装で注意するポイント5つ
【保育士の転職!面接の服装で注意するポイント1】シャツの色
【保育士の転職!面接の服装で注意するポイント2】靴
【保育士の転職!面接の服装で注意するポイント3】靴下
【保育士の転職!面接の服装で注意するポイント4】アクセサリーの着用
【保育士の転職!面接の服装で注意するポイント5】腕時計の着用
保育士の転職!女性が面接の服装で注意するポイント3つ
【保育士の転職!女性が面接の服装で注意するポイント1】ストッキングの種類
【保育士の転職!女性が面接の服装で注意するポイント2】ネイル
【保育士の転職!女性が面接の服装で注意するポイント3】派手なメイク
保育士の転職!面接の服装で心がけることは清潔感
まとめ

 

 

 

保育士の面接にふさわしい服装はスーツです

保育士は子どもや保護者と接する仕事。そのため、保育士の身だしなみは面接の段階から厳しくチェックされております。ですので、保育士面接では、スーツスタイルで臨むことが好ましいでしょう。スーツを着用すれば誠実さがよく伝わり、面接官に好印象を与えることができますよ。保育士の転職面接について解説しているサイトでも、同様のことを言っております。

 

 

 

保育士の転職!面接の服装に指定がない場合は?

保育士の転職!面接の服装に指定がない場合は?

応募先の保育園から「服装自由」や「私服でご来社ください」と言われたらどうするのか?結論を言うと、この場合も基本的にはスーツの着用をおすすめします。というのも、面接はあくまでビジネスのワンシーン。会話を楽しむ場ではありません。ですので、スーツを着用するほうが無難だと言えるでしょう。なお、どうしても私服で行く場合は、ブラウスやジャケットなど襟がついているものを着用すると、ビジネスシーンに適した印象になりますよ。

 

 

 

保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント7つ(スーツ編)

 

保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント7つ(スーツ編)

ここからは、面接用にスーツを選ぶ際のポイントをお伝えしていきます。スーツ選びで大切なことは「年齢」や「体型」に合ったものを選ぶことです。詳しくは、順番に説明してきますので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

 

 

【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント1】色

保育士が転職面接用にスーツを選ぶ際のポイント1つ目は『色』です。スーツの色はその人の印象を決める大事な要素。ですので、黒や紺などの落ち着いた色合いを選ぶといいでしょう。

 

 

 

 

【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント2】柄

保育士が転職面接用にスーツを選ぶ際のポイント2つ目は『柄』です。スーツの柄は無地、もしくはそれに近いものを選びましょう。なぜなら、太いストライプやチェックなどは派手に見えてしまうからです。くれぐれも派手な柄は選ばないでくださいね。

 

 

 

【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント3】形

保育士が転職面接用にスーツを選ぶ際のポイント3つ目は『形』です。スーツの形は毎年少しずつ変わりますが、流行を追う必要はありません。ご自身の「雰囲気」や「体型」にあうスーツを選ぶといいでしょう。なお、スーツ売り場のスタッフに聞くと、自分に合うスーツを教えてくれますよ。

 

 

【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント4】素材

保育士が転職面接用にスーツを選ぶ際のポイント4つ目は『素材』です。スーツの素材は、ポリエステルなどのスタンダードなものがおすすめです。なるべく素材に凹凸がないシンプルなものを選びましょう。

 

 

【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント5】袖の長さ

保育士が転職面接用にスーツを選ぶ際のポイント5つ目は『袖の長さ』です。袖の長さは、インナーの袖が見えない「手首がかくれる程度」が基準になります。ですので、長すぎる場合は寸法直しをしてください。袖が長いと格好悪いですよ。

 

 

 

【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント6】パンツの形

保育士が転職面接用にスーツを選ぶ際のポイント6つ目は『パンツの形』です。パンツスーツはストレート、スリム、ワイドなどさまざまな形があります。それゆえ、迷うことが多く選ぶのが大変。なので、スーツ売り場の専門スタッフに聞き、自分の体型に合ったものを選びましょう。なお、最近は膝から足首にかけて細くなっていくテーパード型が人気ですよ。

 

 

 

【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント7】スカート丈

保育士が転職面接用にスーツを選ぶ際のポイント7つ目は『スカート丈』です。スカートの長さは、立っているときにひざが隠れる長さが目安。スカート丈が短くても、長くてもだらしない印象になるので注意しましょう。なお、種類に関しては、タイトやセミタイトが定番となっております。

 

 

 

 

 

保育士の転職!面接の服装で注意するポイント5つ

保育士の転職!面接の服装で注意するポイント5つ

続きましては、面接の服装で注意するポイントを5つご紹介していきます。面接に臨む際は、このポイントに気をつけてくださいね。

 

 

 

【保育士の転職!面接の服装で注意するポイント1】シャツの色

保育士が転職面接の服装で注意するべきポイント1つ目は『シャツの色』です。シャツ(ブラウス)は、白か淡いパステルカラーがベスト。できるだけ、透け感が少ないものをおすすめします。なお、シャツは胸元が開きすぎないものを選ぶとカッチリした印象に見えますよ。

 

 

【保育士の転職!面接の服装で注意するポイント2】靴

保育士が転職面接の服装で注意するべきポイント2つ目は『靴』です。というのも、面接では足元まで細かくチェックされております。ですので、靴が汚れていたり、派手な色をしているのはNGです。靴の種類は男性の場合は黒の革靴。女性であれば黒のパンプスを選ぶといいでしょう。なお、ハンプスはスーツとのバランスを考え、高さは5~7cmくらいのヒールがおすすめです。そうすればスーツに合って綺麗に見えますよ。保育士の転職面接について解説しているサイトでも、同様のことを言っております。

 

 

 

【保育士の転職!面接の服装で注意するポイント3】靴下

保育士が転職面接の服装で注意するべきポイント2つ目は『靴下』です。靴下は靴と同様にチェックされております。ですので、黒やグレーなどの落ち着いた色を選びましょう。なお、スーツの色と合わせるとバランスが良くなるのでおすすめです。

 

 

【保育士の転職!面接の服装で注意するポイント4】アクセサリーの着用

保育士が転職面接の服装で注意するべきポイント3つ目は『アクセサリーの着用』です。アクセサリーとは、ピアス、ネックレス、指輪など。これらは面接ではつけるべきではありません。もちろん、保育士として勤務する場合も。なぜなら、アクセサリーを落とした場合、子どもが怪我をする原因になるからです。くれぐれもアクセサリーの着用はしないように。
保育士の転職面接について解説しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。

 

 

【保育士の転職!面接の服装で注意するポイント5】腕時計の着用

保育士が転職面接の服装で注意するべきポイント5つ目は『腕時計の着用』です。腕時計は着用しても問題ありませんが、派手なものはアクセサリーに見えてしまいます。ですので、基本的にはつけないほうがいいでしょう。どうしても必要な方は、シンプルなものを選ぶようにしてください。

 

 

 

保育士の転職!女性が面接の服装で注意するポイント3つ

保育士の転職!女性が面接の服装で注意するポイント3つ

ここでは、女性が面接の服装で注意するポイントを3つご紹介していきます。

 

 

【保育士の転職!女性が面接の服装で注意するポイント1】ストッキングの種類

女性保育士が転職面接の服装で注意するべきポイント1つ目は『ストッキングの種類』です。ストッキングは基本的に「ナチュラルストッキング」がおすすめです。最近は秋冬なら黒タイツを気にしない会社が増えてはいますが、あまりおすすめしません。というのも、やはりタイツはカジュアル度の強いアイテム。なので、スーツに合わせるとバランスが悪くなってしまいます。秋冬でもストッキングはナチュラルがいいでしょう。

 

 

【保育士の転職!女性が面接の服装で注意するポイント2】ネイル

女性保育士が転職面接の服装で注意するべきポイント2つ目は『ネイル』です。面接官は足元と同様に手元も見ています。そのため、ネイルは避けるべきです。どうしてもつけたい場合は原色やラメは避け、ベージュや薄いピンクなどのナチュラルなネイルにしましょう。保育士の転職面接について解説しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。

 

 

 

【保育士の転職!女性が面接の服装で注意するポイント3】派手なメイク

女性保育士が転職面接の服装で注意するべきポイント3つ目は『派手なメイク』です。保育士のメイクが派手だと保護者から注意されるかもしれません。なので、保育士は面接のときからメイクのチェックをされます。面接当日は緊張してメイクが派手になりがちです。くれぐれも派手なメイクにならないように注意してくださいね。

 

 

 

保育士の転職!面接の服装で心がけることは清潔感

保育士が転職面接の服装で心がけることは清潔感です。というのも、清潔感は相手にいい印象を与えます。清潔感があるだけで第一印象が格段によくなるのです。なので、服装を選ぶ際は色やデザインも大事ですが「汚れはないか」「シワはないか」「髪型は乱れてないか」などを確認しましょう。保育士の転職面接について解説しているサイトでも、同様のことを言っておりますよ。

 

 

 

まとめ

 

 

では、これまでの内容をまとめると

 

保育士の面接にふさわしい服装はスーツです
保育士の転職!面接の服装に指定がない場合は?
保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント7つ(スーツ編)
【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント1】色
【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント2】柄
【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント3】形
【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント4】素材
【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント5】袖の長さ
【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント6】パンツの形
【保育士の転職!面接の服装を選ぶ際のポイント7】スカート丈
保育士の転職!面接の服装で注意するポイント5つ
【保育士の転職!面接の服装で注意するポイント1】シャツの色
【保育士の転職!面接の服装で注意するポイント2】靴
【保育士の転職!面接の服装で注意するポイント3】靴下
【保育士の転職!面接の服装で注意するポイント4】アクセサリーの着用
【保育士の転職!面接の服装で注意するポイント5】腕時計の着用
保育士の転職!女性が面接の服装で注意するポイント3つ
【保育士の転職!女性が面接の服装で注意するポイント1】ストッキングの種類
【保育士の転職!女性が面接の服装で注意するポイント2】ネイル
【保育士の転職!女性が面接の服装で注意するポイント3】派手なメイク
保育士の転職!面接の服装で心がけることは清潔感

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。